美味しいコーヒーと英会話教室 DLSダイヤモンドランゲージスクール

 

 

導入企業 / DLSダイヤモンドランゲージスクール(株式会社DLS)
サービス / オフィスコーヒー
導入時期 / 2021年12月から
スタッフ / 10人前後(オフィスコーヒー利用者)
https://dlsdiamond.net/


「世界中の人たちと自由に会話や意思疎通をはかるための”コミュニケーション力”を身につける」こうした考えのもと、英会話スクールを運営するDLSダイヤモンドランゲージスクール(以下:DLS)。学生向けのグループレッスンから企業向けのオーダーメイドレッスンと丁寧なカウンセリングのもと、外国人講師が一人ひとりに合わせたレッスンを行っています。

そんなDLSのオフィス・教室では、生徒や講師、スタッフが“カフェの様にリラックスできる環境で快適に過ごしてもらいたい。”との想いからBUCKLE COFFEEの提供するオフィスコーヒーを導入しました。スイスのjura(ユーラ)社製全自動マシンをエントランスに設置する事でDLSの入り口を入った所からコーヒーの香ばしい香りが漂ってきます。”自分の為のコーヒー”から”ありがとうを伝えるコーヒー”まで様々な目的で活用されています。

なぜ英会話スクールで飲むコーヒーをスペシャルティコーヒーにしたのですか?

DLS代表 山下さんにお話を伺いました。

社員や生徒の皆さんに少しでも快適に過ごしてもらいたい、DLSでは既にコーヒーやお茶、水が出るウォーターサーバーを設置していました。無料でコーヒーを飲める環境は既にあるもののカフェの様な環境とはなっていませんでした。そこでBUCKLE COFFEEのオフィスコーヒーを導入し本格的なコーヒーを飲める環境を整備し”見た目””香り””味”にこだわった事でイメージするカフェのような環境に近づけることが出来ました。マシンの横にコインボックスを置き100円で1杯飲めるようにしています。コーヒー好きのダン先生は、このコーヒーマシンで抽出したエスプレッソを片手に教室に向かうのが毎日のルーティンとなっています。

 

どのようなタイミングでコーヒーを楽しむ事が多いですか?

社員のメンバーは各々のタイミングで出社時昼食後等のタイミングで飲んでいます。生徒さんはレッスンに入るタイミングでコーヒー片手にレッスンを受ける人もいます。実は来客時に私が淹れた美味しいコーヒーを直接お客様に持っていくとより一層喜んでもらえるように感じます。目を覚ましたり、頭を切り替える。気持ちを入れたり、リラックスしたりと様々なシーンで皆使用しています。

美味しいスペシャルティコーヒーにしてこんな事や声があった。という事は?

・仕事により集中できる。
・”このコーヒーは…”のように会話を始めるきっかけになる。
・デスクの上の缶コーヒーが減り社員がお気に入りのマグで飲むシーンが増えた。
・生徒さんへの施策としてコーヒーチケットをプレゼントする事でスクールに対する満足度向上へ繋げている。
・以前いた社員から”雰囲気が良くなりましたね。“とビフォーアフターのポジティブな印象が聞けた。

このような感想が見受けられたそうです。

なぜBUCKLE COFFEEを選ばれたのですか?

BUCKLE COFFEEの事は以前から知っており、味だけでなく”1杯のコーヒーから生まれる可能性を追求する”という考え方や姿勢に共感し導入を決めました。使用感想を伝える事で使いやすさも弊社に徐々に合ってきています。今は、夏のアイスコーヒーシーズンに向けて美味しいアイスコーヒーを飲める環境構築について相談しています。

山下さん、今回はオフィスコーヒーを活用されているお話を聞かせていただきありがとうございました。

英語の”コミュケーション力”向上を念頭に置いてサービス展開する企業だからこそ美味しいコーヒーをリラックスするアイテムとしてだけでなくコミュニケーションツールとして活用している印象を持ちました。
また、BUCKLE COFFEEのBUCKLEは「結ぶ」という意味があります。親和性の高い両者のミッション・コンセプト、オフィスの人と人を結びコミュニケーションの一助を担えたらと思います。


[導入企業情報]
DLS ダイヤモンドランゲージスクール
https://dlsdiamond.net/
住所:東京都大田区南蒲田1-22-20
最寄:京急蒲田駅・京浜急行線
業種:英会話教室
スタッフ数:10人

関連記事

PAGE TOP